店舗調査が競合他社との競争で優位に立てる理由

店舗調査が競合他社との競争で優位に立てる理由

店舗調査を行うと、競合他社との競争で優位に立てる可能性が高まります。これは、店舗調査の本質から言っても全くそのとおりです。競合と比較して優位に立つためには何がポイントでしょうか。いろいろな観点があるかもしれませんが、結局のところお客さんにライバル店ではなくて自分のお店を選んでもらうことが肝心です。そのためにはお客さんは何を感じているか、どんなニーズがあるか、率直に言えばライバル店ではなくこのお店を今後も利用したいと思わせるためには何が必要か、といったことを直接聞くことができるのが店舗調査になりますので、その情報をうまく活用すれば当然の帰結として他社よりも優位に立てると考えられます。もちろん、現実問題としては物事はそんなに単純な話ではありません。お客さんの声を聞くといっても、調査では全員から聞くようなことは不可能でごく限られた人数になりますし、人は心の奥底で思っていることを全て言葉で表現してくれるとも限りません。

店舗調査はお店や接客の最適化に適した方法

店舗調査はお店に出向き観察をしたり情報をまとめることで、課題の発見や改善のヒントが得られる方法だといえるのではないでしょうか。店舗調査をすることでお店の良い部分とそうでない部分が明確になりますし、接客に問題がないか知ることもできるので、活用によって最適化を図ることが可能になります。つまりお店の質が更に上がったり、接客品質の向上によってイメージのアップ、お客様満足度の上昇に繋がるわけです。店舗調査なしに感覚に頼って運営を行おうとしても、課題に気がつきにくく改善が遅れることになり得ます。これでは店舗調査をしている競合に先を越されてしまいますし、ライバルの方が改善の繰り返しで最適化が進み魅力が増すという結果に至ります。お店の運営は改善を重ねることで質の向上を図るものですし、地道な努力も必要ですが情報収集や分析も大事です。そしてただデータに頼るのではなく、お客様の目線でどう感じるかを検証することも重要ではないでしょうか。